TEL

安置方法

HOW TO

ペットご遺体の安置方法

安らかな姿で

死後硬直は予想より早く手足から腹部、頭部へと広がっていきます。
そのまま安置しておくと前、後肢が突っ張ったまま硬直してしまいます。
前、後肢を胸の方へ優しく折り曲げ、まぶたや口を閉じて安らかな姿で、安置してあげましょう。

安置する部屋

夏の暑い時期はできるだけ涼しく、風通しの良いお部屋に寝かせてあげてください。
タオルや、座布団など清潔な物の上に寝かせ、お体の下にはペットシートなどを敷いてください。

清めてあげましょう

お湯で湿らせた布などで頭部、お顔そして全身をやさしく拭き取り毛並を整えてあげましょう。
ご遺体からおしっこやうんち、ときには出血することもありますが、それは自然なことです。個体差はありますが時間と共に落ち着いてきますので、あわてずガーゼや布で拭き取ってあげてください。
生きていた証ですので心を込めてお世話してあげましょう。

最後の時

愛する家族と過ごせる最後の時間ですので愛情たっぷり注いであげてください。生前愛用していた器に好物のおやつやお水をご遺体の脇に供えたり、お花や写真、おもちゃなどを一緒に飾ってもよいでしょう。
ゆっくりお別れをしてあげてください。

ページ上部への矢印

CONTACTお問い合わせ